NEWS

AKANE BLOG

【告知】2016.02.27【第3回 ちくほう防災ワークショップ】in 飯塚

スクリーンショット 2016-02-19 19.20.44

 

東日本大震災を支援するために地域の協力のもと始まった、復興支援活動AKANE LINE PROJECT(アカネラインプロジェクト)。このプロジェクトの一環として、私たちが暮らすまちの『防災』に目を向ける「ちくほう防災ワークショップ」を開催します。

 

いまなお各地でつづく自然災害。このような大きな災害が身近に起きたとき、どう対応すればいいのでしょうか?専門家の方のお話や、まちの取り組み、地域の方との意見交換会を通じて防災知識を深めて行きたいと思います。

 

第3回目となる今回は、子ども達にも楽しんでもらおうと、消防署の方に協力をいただきポンプ車の見学や放水体験、ロープ結索実演なども企画しています。また、いいづかのまちで働きながら活動を続ける女性消防団のお話や、先頭にたってまちの防災を実践する市役所の担当者にも来ていただきます。

 

今回も、講演のあとには参加者全員で行う対話の時間(ワールドカフェ)を用意していますので、分からないこと、知りたいこと、私たちができること等この機会に気軽にお話をしてみませんか。

 

震災から5年目の春を前に、今できることから始めましょう!

 

【日時】2016年2月27日(土)14:00〜17:00(13:30開場)
【場所】飯塚防災センター(福岡県飯塚市芳雄16-7)
【対象】“防災”に関心のある方ならどなたでもOK
【費用】無料

【主催】株式会社トーン(チクスキ)
【参加方法】「参加者の氏名/人数/年齢/連絡のとりやすい電話番号」を
akane@skipskip.net「ちくほう防災ワークショップ係」までメールしてください。

 

=内容=
①講演

[飯塚市防災安全課]淀川政幸さんによる飯塚市の取り組み

[飯塚市消防団女性分団]メンバーによる活動報告
②体験
地震体験(震度7まで)
ポンプ車見学&放水体験等
③対話
参加者全員による対話形式の意見交換会「ワールドカフェ」

 

今回のワークショップはお子様連れでも気軽に参加して頂けるように工夫しています。大学生のボランティアにも協力してもらい安全に見学、体験を行います。お友達、ご家族などお誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい。

皆様とお会いできるのを楽しみにしています。